今年の秋は、劇団として地元・駒ヶ根市を中心とした地域の様々な場所へ呼んでいただきました。

その一つに前回のブログで紹介した幼稚園訪問がありましたが、その他にも駒ヶ根市が運営する結婚相談所で行うコミュニケーションワークショップの講師として招かれたり、小学校の「総合展」の講演講師として呼んでいただいたり、地元・駒ヶ根市立赤穂中学校の「キャリアフェスin赤穂中」イベントにブース出店させていただいたりと、『演劇』を通じて新たに沢山の出会いがあったことを大変嬉しく思っています。
 
そんなわけで、今回はそんな活動の一部のご報告。
 
小学校の「総合展」講演講師として呼んで頂いたのは伊那市立伊那西小学校です。
ここは全校生徒60名弱が通う森林に囲まれた学校で、「小規模特認校」として、今年度から学区外からの通学が認められているそうです。
学校の特色も自然や地域に触れる授業スタイルで、児童達がのびのび生活している様子が私たちにもビンビン伝わってきました。
というのも、私たちが伺った「総合展」は、学校内で児童達と地域の皆さんが一緒になって文化祭のように展示や販売を行っている日で、今回の講演も学校の枠を超え地域の方々も参加できるものでした。
 
写真1 集合写真

校長先生、実行委員の皆様と。
あたたかいおもてなし、ありがとうございました。
 
写真2 練習

この写真は、小学校に向かう前の最終打ち合わせの様子。
事務所前の駐車スペースで諸々確認中。
 
写真3 ステージ

そして本番。サムナツくんも大人気でした!
 


また別日に参加させていただいた地元・赤穂中学校で行われた「キャリアフェスin赤穂中」イベント。

これは地元の企業や団体等約60ブースが立ち並ぶ中、生徒約760名が好きなブースで話を聞いたり体験出来るという企画で、サムナツもブースを出させて頂きました。
私たちのブースでは、“舞台衣装を着用し刀や槍を持って写真を撮ろう“という企画だったのですが、実際の舞台で使う刀や槍の軽さに驚いたり、手作りの衣装を間近に見て、とても興味深そうにしていたのが印象的でした。
キャリアフェスが行われた3時間、ほぼ絶え間なく生徒の皆さんに来てもらうことができました。
結果、100名の生徒にブース体験をしてもらえましたが、その中には過去にサムナツに関わってくれた事のある生徒もいて、そんな知った顔が一目散にブースに来てくれたのがまた嬉しかったです。
 
写真4 中学校

「演劇には夢がある!」を合い言葉に地元企業に混じって劇団のPRをしました。
将来を思い描く若い子達の未来への知識として少しでも役立ったらと思います。



この秋呼んでいただいたどの企画も「演劇」を通じて、いろんな方の笑顔に出会うことができ、劇団の舞台創作活動の枠を超えて、「演劇」の持つ力、“人と人を繋ぐ力“を再認識すると同時に、劇団としてこうした活動の場がもっと広がることを願いたくなりました。
そんなわけで、お声かけ頂けるよう頑張るぞ。
 


写真5 サムラジ

『サムラジ♯10』配信中!
劇団員・清歌(さやか)初登場で夏公演2018「幕末マクベス」の稽古場エピソードを公開しています♪お聞き逃しなく!
 
YouTube→ https://www.youtube.com/watch?v=sxZ-6WtaR90&t=8s
 

【プロフィール】
 松崎ひとみ
IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作
劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan