写真1 りょう

りょうが帰ってきました。
 

高校卒業と同時に劇団も卒業し、東京に拠点を移して俳優・殺陣師として活動しているりょうが帰ってきました。
 
りょうと言えば、劇団で初舞台となった春の小劇場公演2013『勝負天獄』で役者としての魅力を大爆発させ、その後夏公演「五右衛門ロック」をはじめ、高校を卒業するまでの劇団全作品において欠かすことの出来ない役者の一人として活躍してくれました。
 
東京に拠点を移してからも、サムナツで役者として、時に作家として活動を続けてくれ、更には殺陣の技術に磨きをかけ近年は殺陣振付師として、欠かせない存在になっています。

写真2 殺陣稽古

りょうを筆頭に6月上旬から始まった殺陣の自主稽古。
選抜メンバーが着実に力をつけています。
 

夏公演に向けた稽古場。6月はコミュニケーションワークショップを中心に進んでいきました。

写真3 信頼ゲーム

その名も“信頼ゲーム。”一人は目を瞑り、もう一人の誘導の元スタスタと歩きまわる。
目を瞑る人は信頼して身を預けないと前には進めない。(笑)
 
写真4 子ども達

「さぁいろんなものを触らしてあげましょう!」
目を瞑ったまま触るって怖いですよね。(笑)
子ども達も仲間に入れてくれてありがとう!
 
また、配役も発表され、各景のブロッキングが行われています。
稽古には毎回欠席者がいるため、ブロッキングの様子は動画で保存し、LINEアプリで共有しています。
このLINEアプリ。うちの劇団では欠かせないツールのひとつとして大活躍しています。
劇団員メンバーのみが参加しているグループLINEをはじめ、公演毎にその関係者に参加していただくグループLINEが作られ、連絡網的な役割はもちろんのこと、個人の緊急を要する遅刻連絡などにも使われ、“全員で情報を共有するメリット”の部分が存分に活かされていると感じています。
これが無かった頃には一斉メールが主流でした。メールは文章と少量の画像添付が精一杯。中には迷惑メール設定の加減で、一斉メールだと届かない方もいたりして、大事な連絡が届いていなかった!と混乱することも多かったのですが、LINEアプリは登録者に確実に届くことからそんな悩みが一気に無くなりました!
文明の進化はストレスも軽減させてくれます。ありがたいです。
 

ここ近年、駒ヶ根市内のとある地区で行う創作劇の指導に剛也が伺わせていただくのが恒例となっています。
約1ヶ月間、仕事終わりになによりも優先して稽古を行い、その地区の敬老会で発表するというもの。
今年は“水戸黄門”を題材とし、駒ヶ根の話題も取り込んだオリジナル創作劇でした。

私は当日の着付け補助スタッフとして参加させてもらいましたが、この地区の方々は、2年周期でメンバーが入れ替わりながらも一生懸命取り組まれていて、若い世代を中心にその和気あいあいとした雰囲気は羨ましくもあり、この地区の魅力のひとつだなぁと感じています。

写真5 敬老会

6月24日敬老会。
舞台上には沢山のおひねりが投げ込まれ大盛況で幕を閉じました。
お疲れ様でした。


追記

写真6お茶

「ねぇねぇ、山二園さん(広小路商店街のお茶屋さん)で売ってるアレ知ってる?夏にすっごいオススメなんだよ!」
と商店街のご近所さん達に教えてもらった名品を私もGETしてきました。

写真にありますのがそのアレです。
 
緑茶の葉を水出しで美味しく飲める優れもの。
冷蔵庫で横にしても漏れないしお手入れも簡単!
これは買ってよかった!
おかげで毎日水出し緑茶を楽しんでいます。
(水出しだとカフェインの量も少ないんだとか。たしかに!お茶の甘みを感じて美味しく飲めます。)


写真7 山二園

山二園さん、美味しいお茶が淹れられるようにと丁寧に商品の説明をしてくれました。
商店街のお買い物は人のあたたかさにも触れることができます♪



劇団サムライナッツ夏公演2018
「幕末マクベス」
エキストラ出演者&ボランティアスタッフ募集中!
■公演日 2018年9月15日(土)・16日(日)
■会場 駒ヶ根市文化会館
■稽古期間 6月10日~公演日まで
■応募資格 中学1年生以上。
■その他詳しい情報はこちら↓↓
http://blog.livedoor.jp/samurainatsu/archives/51666881.html
(※劇団公式ブログよりご覧ください)


【プロフィール】
 松崎ひとみ

IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作
劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan