いよいよ2月突入。春の小劇場公演2017にむけ、カウントダウンが始まりました。


伊藤&鈴木2 バストアップ

劇団旗揚げよりメンバーを引っ張ってきた伊藤優佑と鈴木里美。
この春久しぶりにこの2人がタッグを組む。
サムナツファンにはたまらないシーンに乞うご期待。


完成した台本を汗と涙と共に握りしめ、稽古も終盤に差し掛かっていますが、同時進行でやらねばならないのがチケット販売。
稽古場には「チケット販売グラフ」が貼りだされ、誰がどのくらいチケットを販売しているのか一目瞭然!の状況。

チケットグラフ

稽古場に貼りだされているチケット販売グラフ。
稽古場外の廊下でチケット売って来たぞー!と拳を掲げるなつみの背中が。


サムナツでは、“自己満足では終わらない芝居創り”をモットーに、“面白い舞台を創るし、それを多くの人に観て楽しんでもらうことに価値がある!”と、公演ごと皆で情熱を持ってお客様を劇場へ呼んでいるため、つい先日の稽古でも、『チケットを売ることは役者の仕事でもあるぞ~!』と、主宰によるチケット販売にむけたワークショップも行われ、その熱意に押されたメンバー達にも火が付いています。

春の小劇場公演では、毎回、若干席数に違いがありますが、全公演合わせ“400席限定”というのが謳い文句になっています。
この限られた席にお客様を呼ぶということは、約1000人の大ホールで3回公演をしていた市民ミュージカルの事務局をしていた時には考えられなかったことでした。(最高で2300人動員した公演時も客席が座れないほど溢れることは無かったため、余裕のある客席に一人でも多くのお客様に来て頂く、という感覚でチケットを販売していました。)
なので、劇団サムライナッツで初めて公演した「番外公演 さよなら小宮くん(作:越智優 演出:松崎剛也)」でも、400席限定の客席に対し、(一公演に収容できるのは100名)390枚のチケットをなんと“日時指定無し!”で販売するという、今思えば恐ろしいことをしていました。(“お客様が一公演に集中して入りきらない!なんてことが起こるか否かは神のみぞ知る”状態で幕が開いた「さよなら小宮くん」公演。だけどなぜか「大丈夫」「お客様は分散して来てくれる」という自信もあった。そして日時指定チケットを管理する方が怖いと思っていた。)
 

伊藤&鈴木 全身

この二人は「さよなら小宮くん」でも主演を務めてくれました。


そして“日時指定無し”のチケットを販売した結果、

1回目15時公演…114名 ←ここに偏った!
2回目19時公演…79名
3回目11時公演…69名 ←人気ない時間帯!
4回目14時公演…83名


合わせて345名のお客様にご来場いただきました。
この1回目公演では「あと1人来たら客席に入れられない(泣)!」というギリギリのヒヤヒヤした状況を体験したので、次の春公演からは勇気を出して“日時指定チケット”を導入しました。
が、この日時指定チケットは、Excelで作った用紙でナンバリング管理をしていたので、チケットが売れるたびに蛍光ペンで色を塗っては、「1,2,3,…」とチケット残数を数えることに日々追われていました。(チケットが完売寸前は通常より販売速度に拍車がかかるため、リアルタイムでみんなからメールで送られてくるチケット販売連絡を表に反映して残数を確認するという作業のため、寝ずに携帯と表を持ち待機し、【完売】になるのを今か今かと待っていました。)

ですが、今年は乳飲み子がいる身。えんえん泣く子供の傍ら「1,2,3…」とチケットの数を数えている場合ではないだろうと心配した主宰がコリッチのチケット管理システムを導入してくれたおかげで、スマホ片手にチケット管理ができるようになり、だいぶ負担が減りました。(ビバデジタル化!指先ひとつでなんでもわかる時代!)

そんなわけで、今年の春の小劇場公演のチケットは、なんと気軽にWEBからもご購入可能になっていますのでぜひご利用いただけたら嬉しいです。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。


【プロフィール】
 松崎ひとみ
IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作

●次回公演情報

劇団サムライナッツ 春の小劇場公演2017
「ゴースト・プラネット2~神隠しの記憶~」(作・演出 松崎剛也)
  ×
「猫作家」(作 高山拓海  演出 松崎剛也)

2/25(土)①開演14:00 ②開演19:00
2/26(日)③開演11:00 ④開演14:30
 
会場/ 駒ヶ根市福祉センター4階 特設小劇場
 
前売 一般1500円 高校生以下800円
当日 一般2000円 高校生以下1300円
 
春の小劇場公演2014で上演した劇団サムライナッツの人気作「ゴースト・プラネット」の
待望の続編『ゴースト・プラネット2~神隠しの記憶~』(作:松崎剛也)と、
長野県演劇界注目の 若手劇作家が描く猫と作家のシリアスストーリー『猫作家』(作:高山拓海)の短編作品2本をお送りします。
日時指定チケットになりますので、ぜひお早めにご予約ください。

劇団サムライナッツHP http://samurainuts.hp.gogo.jp/



kick 

shop 

nikkan 

engeki