松崎ひとみサムナツ活動日記~同じ釜の飯を食う~

南&中央アルプスに囲まれた南信州駒ヶ根市を拠点に活動している劇団サムライナッツの牽引役松崎ひとみ。 劇団制作担当として仲間の信頼も厚く、家庭では2児のたのもしい母でもある。 そんな彼女の劇団の活動を中心にしつつも、家庭での出来事や、素敵な街の人たちとの交流など、こころ温まる諸事万端♡ドキドキ。 日々の出来事を日記で綴ります。

「劇団名の決定」

このブログを書くにあたって、自分が歩んできた「劇団サムライナッツ」というものを改めて振り返って、ここに記していきたい。
そんな想いで、早速私の「制作ノート」、通称『命のノート』を開いていくことにしました。


歴代の命のノート

立ち上げ時から今日まで使っている『命のノート』たち。

※このノートには、その時その時の忘れてはいけない重要事項が記されているため、「失くしたら死ぬ!」と常に大騒ぎしながら持ち歩いているノートです。


最初に開いたのは【劇団立ち上げ最初のノート】。

前回のブログにも書きましたが、劇団を立ち上げる大きなきっかけとなったのは、劇団☆新感線さんの「薔薇とサムライGoemonRockOverDrive」(2010年)の観劇です。
会場であった赤坂ACTシアターは開演前からお客さんの高揚感に包まれていて、「すごいところに来てしまった」と圧倒されました。
そして開演した舞台は息つく暇もないくらい、ワクワクドキドキの連続で、「こんなエンターテイメントな舞台があったんだ!」と、更に大きな衝撃と刺激を受けました。
そして、思ってしまったのです。

-「こんな舞台を創りたい!見せたい!」
それは作品のみならず、劇団☆新感線さんが創り上げた劇場空間すべてに対するリスペクトでもありました。

なんという身の程知らず!!!!!(笑)

劇団☆新感線さんと言えば、ひと公演で約10万人もの観客を動員し、ロングスパンの公演にも関わらず最もチケットが取れないと言われるほどの超人気劇団。

かたや、東京まで車で約3時間。人口約32,000人の2つのアルプスに抱かれた駒ヶ根市。
標高2,612mの中央アルプス千畳敷まで鼻歌混じりで行くことができるロープウェイをはじめ、四季を感じることができる美しい大自然はあれど、映画館もない、ましてや小劇場もないこの地で芝居をしたい人が、芝居を観たい人がどれほどいるのか。

公演予算も芝居をする環境も、天と地ほどの差がある中で、それでも私たちの想いは猪突猛進の勢いでした。
「やれるから(やれそうだから)やるんだ!」じゃない。「やりたいからやるんだ!」と。無謀な私と夫(現・劇団主宰)のエネルギーは、当時毎日のようにうちの燃料屋兼市民ミュージカルの事務所に来ては、ガラスに映る自分とひたむきに殺陣の素振りを続ける伊藤優佑(現・劇団員)へと向けられたわけです。(笑)

-「一緒に劇団を創ろう!」

3人態勢となった私達が、まず考えたのは劇団の名前です。

立ち上げ時のノート

立ち上げ時のノートに挟まれていたメモ用紙。

それぞれ考えたものを出し合って熟考したのを思い出します。
今見ると「これにしなくてよかった」と思える名前も。(笑)

「劇団サムライナッツ」という名前は、2011年4月30日午後7時27分15秒に決まったと記されていました。


…おまけ…

有料広告

嘘でしょ!? 劇団立ち上げ後、初めて出した有料広告は、なんと手書きでした!(笑)


…近況報告…

稽古場写真1

稽古場写真2

春の小劇場公演2017に向け、ほぼ毎日稽古をしています。
写真はブロッキングの様子です。

この公演は、毎年2チームに分かれて上演する形式で、1度に2本の趣向の違う作品が楽しめるのが魅力の一つ。
チケット好評発売中です!


【プロフィール】
 松崎ひとみ
IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作

●次回公演情報

劇団サムライナッツ 春の小劇場公演2017
「ゴースト・プラネット2~神隠しの記憶~」(作・演出 松崎剛也)
  ×
「猫作家」(作 高山拓海  演出 松崎剛也)

2/25(土)①開演14:00 ②開演19:00
2/26(日)③開演11:00 ④開演14:30
 
会場/ 駒ヶ根市福祉センター4階 特設小劇場
 
前売 一般1500円 高校生以下800円
当日 一般2000円 高校生以下1300円
 
春の小劇場公演2014で上演した劇団サムライナッツの人気作「ゴースト・プラネット」の
待望の続編『ゴースト・プラネット2~神隠しの記憶~』(作:松崎剛也)と、
長野県演劇界注目の 若手劇作家が描く猫と作家のシリアスストーリー『猫作家』(作:高山拓海)の短編作品2本をお送りします。
日時指定チケットになりますので、ぜひお早めにご予約ください。

劇団サムライナッツHP http://samurainuts.hp.gogo.jp/



kick 

shop 

nikkan 

engeki

「はじまりの日」

こんにちは。劇団サムライナッツの制作をしています松崎ひとみです。
本日より、ブログを連載させていただくことになりました。
 
“「日刊えんぶ」さんのページでブログ連載!”
名だたる俳優陣が並ぶ中、「松崎ひとみ」って誰や!感、すごいですね。あわわ…。思わず口からあぶくが出てしまいます。
 
私自身、今日より始まる連載は身に余る光栄で、これもひとえに「劇団サムライナッツの制作・松崎ひとみ」という肩書を背負った私を日々支えてくださる皆様のおかげと感謝している次第です。
 
まずは「松崎ひとみ」って誰や!感を少しでも払拭するため、私の自己紹介をさせてください。
 
長野県の南信地域に位置する駒ヶ根市で、「劇団サムライナッツ」の旗揚げに携わり、以降、劇団制作をしています。
そしてプライベートでは、2008年に駒ヶ根駅前の広小路商店街で燃料屋を営む夫の妻となり、もうすぐ2歳になる息子と、生後3週間の娘の子育てに奮闘中の母でもあります。
 
私がこの劇団制作の道を歩み出すきっかけとなったのは、夫である松崎剛也(現・劇団サムライナッツ主宰)の「妻」になったこと、これにつきます。
『結婚してください』と、プロポーズをされた時には、“商店街に嫁に行く”くらいでしか考えていなかった私。ましてや「劇団」なんて言葉は自分の身に全く関係のない言葉で、「制作」なんて言葉も知るはずもない、ずぶの演劇素人でした。
 
が、その数か月後のある夜。当時、駒ヶ根市で13年続いていた市民ミュージカルを運営していた団体が解散することが決まり、その歴史に幕を閉じようとしていた時、夫が自分の店で演劇企画部としてその運営を引き継ぎたいと、私に相談をしてきました。
“商店街の嫁”+“市民ミュージカルを運営する任意団体の事務局員”としての人生が始まった瞬間であり、あの日の決断が今の私へと繋がっています。
 
その後、約3年間事務局員として、これまでの市民ミュージカルを支えてきた制作チームのメンバーと、駒ヶ根演劇界の母と呼ばれた制作の方から、制作業務をはじめ、演劇に関するいろいろなことを教わりました。
 
再び転機が訪れたのは、赤坂ACTシアターでの劇団☆新感線さんの「薔薇とサムライGoemonRockOverDrive」(2010年)を夫と観劇したのがきっかけでした。こんなに胸が躍るエンターテインメントがあったんだ!芝居の表現は自由なんだ!と鳥肌が立ち、全身全霊で感激し、衝撃を受けたのを覚えています。
そして、この日受けた衝撃が、2011年「劇団サムライナッツ」の立ち上げ、そして2012年の旗揚げ公演「阿修羅城の瞳」(劇団☆新感線上演作品 作・中島かずき 演出・松崎剛也)へと繋がっていくのでした。
 
そんなわけで、8年前、24歳で嫁に行くまで演劇の世界をろくに知らなった私が、今こうして演劇をライフワークにしている日常をこれから綴らせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。
 
 
さてさて、ここからは近況報告です!
劇団サムライナッツは、現在「春の小劇場公演2017」に向け、1月4日より稽古がはじまりました。
 
劇団立ち上げ時から、毎年3月にやっていたこの公演が、今年は2月になる!ということで、出演者をはじめスタッフメンバーも1ヵ月開催が早い感覚に「ヤバい、ヤバい、」とバタバタした日々を過ごしています。(2歳になる息子も私の真似をして「ヤバい」が口癖の今日この頃。ヤバいです。反省です。)
また、春の小劇場公演といえば、私がWordでテキストボックスを駆使して作ったチラシが風物詩となっていましたが、今年はチラシデザイン製作を劇団員のほなみ奈穂と保科葉菜子が担当してくれたおかげで、劇団公演らしい素敵なチラシが完成しましたよ!
 
②過去チラシ(小)

Wordで作った歴代のチラシたち。
情報しか載ってません。(笑)


③2017チラシ(小)
 
今年のチラシを担当したほなみ奈穂と保科葉菜子。
チラシに掲載する写真を撮影するセットを劇団倉庫に組むところから頑張ってくれました!
 
このチラシは、劇団員が中心となり地元の飲食店や商店など約100店舗に置かせていただく他、DM発送などで皆様のお手元にお届けしたいと思っています。
ぜひお手に取っていただけたら嬉しいです。
 

【プロフィール】
 松崎ひとみ
IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作

●次回公演情報

劇団サムライナッツ 春の小劇場公演2017
「ゴースト・プラネット2~神隠しの記憶~」(作・演出 松崎剛也)
  ×
「猫作家」(作 高山拓海  演出 松崎剛也)

2/25(土)①開演14:00 ②開演19:00
2/26(日)③開演11:00 ④開演14:30
 
会場/ 駒ヶ根市福祉センター4階 特設小劇場
 
前売 一般1500円 高校生以下800円
当日 一般2000円 高校生以下1300円
 
春の小劇場公演2014で上演した劇団サムライナッツの人気作「ゴースト・プラネット」の
待望の続編『ゴースト・プラネット2~神隠しの記憶~』(作:松崎剛也)と、
長野県演劇界注目の 若手劇作家が描く猫と作家のシリアスストーリー『猫作家』(作:高山拓海)の短編作品2本をお送りします。
日時指定チケットになりますので、ぜひお早めにご予約ください。

劇団サムライナッツHP http://samurainuts.hp.gogo.jp/



kick 

shop 

nikkan 

engeki
日刊☆えんぶ
ラインナップ

松崎ひとみサムナツ活動日記

池谷のぶえの国語算数理科社会。

一十口裏の妄想危機一髪

小野寺ずるのお散歩エロジェニック

粟根まことのエッセイ「未確認ヒコー舞台:UFB」

松永玲子のエッセイ「今夜もネットショッピング」

ノゾエ征爾のフォトエッセー「桜の島の野添酒店」

植本潤(花組芝居)vs坂口真人(演劇ぶっく編集長)対談「『過剰な人々』を巡る♂いささかな☀冒険」

ふれあい動物電気

kugiri

南信州・駒ヶ根だよりby劇団サムライナッツ

連載小説「煩悩サンスクリット」山田佳奈

男が惚れる男たち STAR☆JAKCSが大阪からやってくる!

だから芝居はやめられないゾ! 〜ほのぼろ稽古場通信〜

『電車という名の欲望』ができるまで。 本能中枢劇団

演劇キック
ラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

演劇キックツイッター