松崎ひとみサムナツ活動日記~同じ釜の飯を食う~

南&中央アルプスに囲まれた南信州駒ヶ根市を拠点に活動している劇団サムライナッツの牽引役松崎ひとみ。 劇団制作担当として仲間の信頼も厚く、家庭では2児のたのもしい母でもある。 そんな彼女の劇団の活動を中心にしつつも、家庭での出来事や、素敵な街の人たちとの交流など、こころ温まる諸事万端♡ドキドキ。 日々の出来事を日記で綴ります。

「合宿の思い出」

1 劇団員写真

2 殺陣稽古

ゴールデンウィークから夏公演に向け、稽古スタート!
劇団員たちもやる気MAX!
 

 
この時期になると劇団を立ち上げた頃、ゴールデンウィークの恒例行事として『合宿』を行っていこう!と、最初の年は参加費の軽減を考え、私達夫婦が暮らしていたロフト付きワンルームのアパートで実行したのを思い出します。

3泊4日のこの合宿は、“起きて半畳、寝て一畳!”の環境の中、「テレビもダメ、ジュースもダメ、携帯をいじるのなんてもってのほかだ!」と、世の中の情報を遮断し、規律を厳しくすることで自分自身を磨き、仲間と過ごす時間を重んじるものにするんだ!と、意気込んで計画したものでした。

それがわかる合宿資料を発見。
資料にはスケジュールや持ち物をはじめ、こんなことが書かれていました。

<合宿の目的>
・規則正しい生活の中で、役者として重要な自己管理能力を身につけ、強い身体と心を身につけます。
・協力し合い、相手を尊重する心を持って衣食住をともにすることで、互いの信頼感を高めます。
 
<注意事項>
・食べられないものは事前に報告。
・タオルのみ朝回収し、洗濯して入浴前に返却します。その他の洗濯は行いません。
・ゲーム禁止。
・必要以上の携帯使用禁止。

大人が楽しむ飲んだくれる合宿とは程遠い健全すぎる内容。
実はこの合宿をやりたいと思い立ったのは、私が高校時代、陸上部に所属し、毎年夏に辛く厳しい合宿を経験しているからで、そしてそれは今思い返せば仲間と過ごした熱い青春のかけがえのない一ページとなっているからこそでした。
 
私が経験した陸上部の合宿は、俗世から遮断され、高校の学び舎で寝泊まりをし、ただひたすらに身体を鍛え、与えられた食事のみ摂取して生活を送るというもの。(普段使えるパンやジュースの自動販売機の使用はもちろん禁止!)

そんな修行僧のような生活を送った最終日の夜は、俗世に戻るための儀式とも言える嗜好品であるお菓子やジュースで打ち上げをするのが恒例となっていて、あの日のジュースののど越しは忘れられない美味しさでした。

初めて合宿を行った当時は高校生劇団員も多く在籍していたので、青春時代をサムナツに捧げてくれたメンバーと共に青春の一ページを刻みたいという想いもあり、この合宿がスタートしたわけです。
 
・・・
 
2012年、最初の合宿を振り返ると、やはりワンルームのアパートで始まった「どうなっちゃうんだろう感」を思い出します。(みんなが持ってきた布団一式。それだけで部屋が埋め尽くされた。本当にこの狭い空間で3泊4日も皆で暮らせるのだろうかと不安が押し寄せた。)
合宿中の私の一日は、食事を作って片づけて、洗濯をして買い出しをして、またご飯を作って片づけて、とあっという間に過ぎていったわけですが、忘れもしないあの日。
夕食を作っている最中、主宰から一本の電話。

「銭湯でコーヒー牛乳を飲みたいと暴動が起きている。飲ませてもいいか?」

というものでした。

もちろんのことだが、即NG!!

その暴動をこの目で見ることができなかったが、疲れた体、節制した食事生活の中でコーヒー牛乳1本も飲めなくて打ちひしがれたであろう皆を想像すると面白い。
そう、これこそが『この合宿』の醍醐味なのです。
そして迎えた合宿最終日の夜。俗世へ帰る儀式とも言える炭酸ジュースにスナック菓子の山。久しぶりに口にする嗜好品の数々に、「おいし~」「うまい~」とハシャイでくれた若者たちの顔が忘れられない。
みんな私の想いをくみ取っての反応だったと思う。ありがとう。 (笑)
 
3  2012年合宿

当たり前だけど今より若い私と主宰。(笑)
合宿最終日は、主宰の誕生日をお祝いする特大ケーキも登場!

・・・
 
2013年の合宿時には、劇団員が増えていたので、ワンルームのアパートだけでは布団が敷ききれないとの理由で、女子は変わらずワンルームのアパートで、男子は劇団事務所に青果箱を置き、その上に畳を敷いて、それぞれが持参した布団を使って寝ることになりました。

4 最後の晩餐

合宿最終日。大きすぎる唐揚げがメインの最後の晩餐。

5  乾杯

そしてジュース乾杯で盛り上がるメンバー。
 
・・・
 
2014年には、35年ローンで建てた我が家が完成していたので、また男女一つ屋根の下、お泊り合宿をすることが実現したのだけど。
思ったより家の中がキツキツだ!ということに、またも不安が押し寄せました。
家を建てた当時は子供もいなかったので、“家族で住む家を建てよう”というより“劇団員や友人を楽しくもてなせる家にしたい”と、部屋数より広いリビングを重視した。…のにも関わらず当時増えていた劇団員がみんなで寝るには狭く、もっと広い家を建てなきゃいけなかったか、と少し悲しくなったのもいい思い出。(でも、これ以上大きな家を建てていたら破産していますけどね。(笑))
 
その後、有難いことに子供を2人授かり今があるわけですが、“部屋数よりリビング”を重視したおかげで子ども部屋の数が足りていません。
人生なにが起こるかわからない!「家は3度建ててやっと満足する」という先人の教えも本当でした。(笑)
 
6  ウォーキング

合宿所(我が家)から稽古場までみんなでウォーキング。
車社会のこの地域では歩行者の方が目立つ!のをいいことに宣伝も兼ねて。(笑)

7  ハンバーグづくり

8  お弁当

お昼は稽古場で食べれるようお弁当を作ったりもした。

・・・

劇団立ち上げから恒例行事にしていたこの合宿企画は、2012年~2014年まで3回行われ、その後は私の出産・育児が始まったため今は凍結状態です。

この合宿を振り返ると、当時は「面倒だからやらない」という言葉に抗って、≪やる気さえあればなんでも出来る≫と、沢山の人に支えられながら、劇団立ち上げからサムナツくん誕生、そして合宿の実行まで、信じて突き進んでいたことを思い出します。

この猪突猛進のエネルギーは、私が今まで人生の師としてきた沢山の人たちの生き方の共通点でもあり、私を突き動かす大事な燃料となっていたわけですが、すべてのことに対しそれだけで突き進めるわけではないし、予想だにしていないことに対して対応できる柔軟さが足りず心が折れて打ちひしがれたこともありました。(笑)

でも、今までもこれからも夢を持った若者たちには「エネルギーが大事」と言い続けていきたいと思うのに変わりはありません。
今日までやってこれた「劇団サムライナッツ」こそが、仲間たちとの強いエネルギーが集結した結果ですから。
私たち夫婦の想いだけでは決して形にならなかったことに全力で力を出してくれる仲間たち、そしてこれからも応援してくれる皆様に感謝です。
 
◆◆◆

劇団サムライナッツ
出演者・2次募集スタート!

チャンバラSF時代劇!初心者歓迎!
今夏も地元で活躍中の劇団員と一緒に舞台創りをしてくれる仲間を大募集しています♪
初心者の方も大歓迎です!
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
≪演目≫
「霊犬早太郎 ~Return to the Legend~」
脚本・演出 松崎剛也
 
≪公演日≫
2017年7月29日(土)・30日(日)
 
≪公演場所≫
駒ヶ根市文化会館 大ホール
 
≪稽古期間≫
5月上旬~公演日まで。
※金・土・日祝および平日に配役により稽古有。
 ※本番1ヵ月前は通常より稽古日が増えます。
 
≪応募資格≫
中学1年生以上。
稽古に積極的に参加できる方。
出演者・ボランティアスタッフ同時募集。
初心者大歓迎!
 
≪参加費≫
18,000円(稽古場費用負担金・出演者のみ)
 
≪参加申込み方法≫
「HPのお問合せフォーム」または、「お電話」にてお問合せください。

劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts

【プロフィール】
 松崎ひとみ
IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作

●次回公演情報
 
劇団サムライナッツ
夏公演2017
 
2017年7月29日(土)~30日(日)
会場/駒ヶ根市文化会館 大ホール

劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan

「霊犬早太郎はじまる」

今か今かと楽しみに待っていてくださったサムナツファンの皆様、お待たせしました!
いよいよ夏公演のタイトルが発表されました。
満を持して今年は、『霊犬早太郎 ~Return to the Legend~』(作・演出 松崎剛也)です!
 
写真1 WEB宣伝画像

なほが作ってくれたWEB宣伝用画像がカッコイイ!

◆◆◆
 
このお話は、駒ヶ根の光前寺に伝わる「早太郎伝説」を題材にした作品で、今年は、駒ヶ根市(長野県)と磐田市(静岡県)が友好都市協定締結50周年を迎えるとのことで、この作品を上演する運びとなりました。
 
さて、「早太郎伝説」のお話にまったくピンと来られない方には、なぜ駒ヶ根市と磐田市の友好都市協定締結50周年と関係があるのか「?」と思われるかと思います。
 
この伝説は、光前寺で飼われていた山犬・早太郎が、磐田市で人々を困らせている大ヒヒを退治しに行ったというお話です。(あえて、すんごくざっくりした説明!(笑) 詳しくは来場してからのお楽しみということにしておきましょう。)
そんな繋がりから、古くから駒ヶ根市と磐田市は友好都市として強い絆で結ばれています。


 
4/16(日)に「出演者顔合わせ会」を行いました。
これは、1次募集で応募していただいた出演希望の皆様にお集まりいただき、面接やワークショップを行うものでした。
この日は私も初めてお会いする方がいるので毎年ドキドキします。
 
写真2 趣旨説明

趣旨説明。

写真3 即興

初めて会った人たちと創る即興。
この時の印象が第一印象として後々まで残ります。(笑)
 
◆◆◆
 
出演者顔合わせ会の後は、劇団定例会と合わせて4月から入団してくれた、悠斗と、なかじまあいり の歓迎会をしました。
歓迎会の食事はBBQ!先日コンビニで「BBQがウマくなる本」を衝動買いしてからウズウズしていました。(劇団のイベント事はたいていその時の気分で決まります。)
 
写真4 ナムルとサラダ

箸休めは、にんじんサラダともやしナムルを家から仕込んで持っていきました。
ついでにBBQソースも主宰手作りで。(こちらは写真なし)

写真5 乾杯

場所はもちろん事務所前。目の前は道路!
通りすがりの人に見られるのも宣伝のうち。
 
写真6 みぃとぞのちゃん

レシピ本に載っていた「ナスボード」作りは元シェフの経歴を持つみぃにお任せ。
ぞのちゃんもアシスタントに入ってくれました。
 
写真7 タコス作り

新人2人によるタコス作り。お腹いっぱいだけど、これは食べれちゃう!と大好評。
 
写真8 踊るなほ

鶏肉を焼くまなちゃんの横で、踊るなほ。
 
写真9 まなみんとゆうすけ

今回はBBQパーティー♪それぞれに役割分担を作り、それぞれ焼いた肉を褒めあいながら食べる会。
なかなか面白かった。(笑)

…後日…

写真10 ゴーヤ

BBQセットを一人洗う主宰。
みんなが楽しんでくれたら、それでよし!



そういえば、劇団員の はなこ と 雅 は、月末に控えた客演の稽古が忙しいようで、最近ゆっくり顔を見れていません。
劇団きってのイジられ役の2人がいないと寂しいものです。

【客演情報】

劇団タヌキ王国  
第六回公演
「センチメンタル・アマレット・ポジティブ」

作 前川麻子/演出 三井淳志  

 2017年4月22日(土)~23日(日)
会場  ピカデリーホール )
 
◆◆◆

劇団サムライナッツ
出演者・2次募集スタート!

チャンバラSF時代劇!初心者歓迎!
今夏も地元で活躍中の劇団員と一緒に舞台創りをしてくれる仲間を大募集しています♪
初心者の方も大歓迎です!
まずはお気軽にお問合せ下さい。
 
≪演目≫
「霊犬早太郎 ~Return to the Legend~」
脚本・演出 松崎剛也
 
≪公演日≫
2017年7月29日(土)・30日(日)
 
≪公演場所≫
駒ヶ根市文化会館 大ホール
 
≪稽古期間≫
5月上旬~公演日まで。
※金・土・日祝および平日に配役により稽古有。
 ※本番1ヵ月前は通常より稽古日が増えます。
 
≪応募資格≫
中学1年生以上。
稽古に積極的に参加できる方。
出演者・ボランティアスタッフ同時募集。
初心者大歓迎!
 
≪参加費≫
18,000円(稽古場費用負担金・出演者のみ)
 
≪参加申込み方法≫
「HPのお問合せフォーム」または、「お電話」にてお問合せください。

劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts

【プロフィール】
 松崎ひとみ
IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作

●次回公演情報
 
劇団サムライナッツ
夏公演2017
 
2017年7月29日(土)~30日(日)
会場/駒ヶ根市文化会館 大ホール

劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan

「松本との出会い」

-「信州・松本」には〈国宝・松本城〉がある。
-芸術の拠点〈まつもと市民芸術館〉がある。
-長野県内、唯一の〈 PARCO 〉がある。
-新宿から〈あずさ〉で2時間半とアクセスが良い。
 
私が住む駒ヶ根市からは、高速道路を使って約1時間の距離にあります。
松本に住む方に「駒ヶ根から来ました」と言うと、そんな遠くから?!と驚かれますが、車社会の私たちの地域で、車で1時間の移動はそんなに苦ではないです。
学生時代、オシャレに目覚めた頃から松本のPARCO へ通うようになり(当時は電車を乗り換え1時間40分もかけて ( 笑 ) )、一番近場の地方都市として馴染みのある場所でした。
 
劇団を立ち上げた頃、外部との繋がりを持とうと、県内の劇団を調べていた時に最初に目についたのが松本市の劇団『れんげでごはん』でした。
そこで制作をしている遠藤優さんは、とても人当たりの良い方で、劇団の新米制作だった私にとても親切にしてくれました。
劇団サムライナッツの旗揚げ公演には、松本市の『 BLUES 』の主宰でイケメンのおもけんさんに観に来ていただき、その年の冬には松本で活動する演劇人と“交流会”という名の飲み会も実現。
そこで紹介していただいたのが、松本演劇界で「ボス」の愛称で親しまれる劇団『シアターTRIBE 』主宰の永高英雄さんと、その奥様あり劇団の制作であり、松本演劇界の母である、ちんてんめい(本名 永高和美)さん でした。松本の演劇を長きにわたり支え、多くの若者達を育ててきたお二人は、私たちのことも簡単に受け入れくださり、松本演劇界の歴史などを話してくれました。
なんと懐の大きな人たち!!(とても嬉しかった!)
 
こうして松本の演劇人とご縁をいただき、「いつかは松本で公演したい」という私たちの願いも『第 19 回まつもと演劇祭』( 2014 年)にビジター団体として参加させていただくことで、叶えさせていただきました。
 
※大人になり、この地でお芝居をするようになって耳にするようになった“まつもと演劇祭”という言葉。
松本市にはどうやら数えきれない程の劇団が存在し、演劇祭を開催できるほど盛り上がっているらしい…、と。それはぜひこの目で観たい!と、 2012 年秋に劇団主宰と足を運び、観る人達と参加している劇団の熱気に触れ興奮したのを覚えています。
(3日間、松本市の繁華街の複数会場で同時多発的にお芝居を観ることができる!それが“まつもと演劇祭”。松本の街で観て食べて散策して観て呑んで(笑)、そんな夢の1日を過ごせるのが“まつもと演劇祭”。)
 
その後は、松本の演劇人と更に交流を深めたいと、 2015 年から“まつもと演劇連合会”に加入。
2016 年にはホーム団体として『第 21回まつもと演劇祭』に参加することができました。
 
-劇団として外部の評価をもらうことは、劇団として事務所を構える次に大事なことだと、制作の恩師が教えてくれたとおり、まつもと演劇祭への参加は、私達に大きな経験を与えてくれました。

◆◆◆
 
今年の3月中旬、まつもと演劇連合会の総会に出席。
平成29年度のまつもと演劇連合会の執行部が発表されました。
 
まつもと演劇連合会
左から(敬称略):
永高和美(シアターTRIBE制作)
椿宏尚(劇団天の夕顔所属/PSM実行委員会主宰)
大澤健太(BLUES主宰)
永高英雄(シアターTRIBE主宰/ピカデリーホール支配人)
米山亘(演劇裁縫室ミシン所属)
曽根原史乃(タヌキ王国所属)

◆◆◆

また、この総会で、今年度より松本演劇界で“聖地”と呼ばれる“ピカデリーホール”(元々映画館だったところを小劇場として改修し利用している)の支配人にボス(永高氏)が就任することが発表されました。(とても驚きました!)

今まで支配人をされてきた堀内さんは、お芝居を心から愛し、松本の演劇界を盛り立てるため優しくみんなを支えてきた素晴らしいお方。
今回偶然にもその引退の挨拶と就任の挨拶の場に立ち合い、お二人のお話が聞けたこと。
これは私の胸に深く突き刺さるものがあり、個人の演劇への想いがいつしか“使命”に変わり、それぞれに熱い想いをもってこの地でお芝居を続けているという事の尊さを噛みしめた次第です。
 
松本演劇界の発展を願い続けたボスが堀内さんから受け取ったバトンは、松本演劇界を更に更に熱くすることでしょう!…そんな予感がしてワクワクしています!
 
表現の場として自由に、そして快く貸してくれる支配人がいる劇場は、利用する側にとってチャレンジできる場。むちゃできる場。そしてとんでもない(いろんな意味で ( 笑 ) )作品が生まれる場として、より一層価値が上がりますよね。
 
今後も松本演劇界に目が離せません!
 
◆まつもと演劇連合会HPはこちら
http://magenavi.com/


【プロフィール】
 松崎ひとみ
IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作

●次回公演情報
 
劇団サムライナッツ
夏公演2017
 
2017年7月29日(土)~30日(日)
会場/駒ヶ根市文化会館 大ホール
 
※只今劇団員と一緒に舞台に立つ“一般出演者”と“ボランティアスタッフ”を同時募集中!詳しくは劇団ブログのトップページをご覧ください。

劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan
日刊☆えんぶ
ラインナップ

池谷のぶえの人生相談の館

松崎ひとみサムナツ活動日記

一十口裏の妄想危機一髪

小野寺ずるのお散歩エロジェニック

粟根まことのエッセイ「未確認ヒコー舞台:UFB」

松永玲子のエッセイ「今夜もネットショッピング」

ノゾエ征爾のフォトエッセー「桜の島の野添酒店」

植本潤(花組芝居)vs坂口真人(演劇ぶっく編集長)対談「『過剰な人々』を巡る♂いささかな☀冒険」

ふれあい動物電気

kugiri

池谷のぶえの国語算数理科社会。

南信州・駒ヶ根だよりby劇団サムライナッツ

演劇キック
ラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

演劇キックツイッター