松崎ひとみサムナツ活動日記~同じ釜の飯を食う~

南&中央アルプスに囲まれた南信州駒ヶ根市を拠点に活動している劇団サムライナッツの牽引役松崎ひとみ。
劇団制作担当として仲間の信頼も厚く、家庭では2児のたのもしい母でもある。
そんな彼女の劇団の活動を中心にしつつも、家庭での出来事や、素敵な街の人たちとの交流など、
こころ温まる諸事万端♡ドキドキ。日々の出来事を日記で綴ります。

終演報告

夏から私の時間は止まってしまいました。
というより目まぐるしく時間が過ぎる中で、気がつけば秋の気配を感じ、前回更新したブログから一気に公演終了後のご報告をしないといけない運びになってしまったことに申し訳ない気持ちでいっぱいなわけですが、今日の更新からは「公演前にネタバレになっちゃうな~」なんて心配もなく堂々とあの日々を振り返れる!ということで、これから夏公演の全貌をご紹介したいと思います。
 
まずは今年も無事に夏公演が終演したご報告と共にご参加いただいた皆様はじめご来場頂きましたお客様、そして応援してくださった皆様に心より御礼申し上げます。
 
写真1 集合写真
 
さて、さかのぼること公演の約1ヶ月前。
“衣装パレード”行いました。今回も劇団員のみぃ(鈴木里美)が衣装プランナーとなり衣装を仕上げていったわけですが、若手のサムナツガール達も衣装製作の力になりたい!と、みぃを補佐する形で一緒にどんどんと衣装を縫い上げていってくれました。
そしてさらに、今回はみぃと同じ職場の(職場でミシンを使って働いている)お針子ガール達にも集結していただきみるみるうちに新撰組の羽織を何着も仕上げてくれました。
 
写真2 新撰組
 
今回の新撰組の羽織の色には演出家のこだわりがあり、『市販の薄い色のものはイメージではない!少しくすんだ青がいい!』という要望を叶えるべく、みぃは布探しに走り回ってくれたようです。
また、役に合わせた衣装選びに至っては、サムナツ倉庫から二百着以上ある衣装の中から一人で黙々とコーディネートしてくれたというのだから、彼女の衣装にかけるプライドに今年も感服したわけです。
 
写真3 近藤勇
 
春の小劇場公演2018にオープニングとして長野県上田市を拠点に活動している劇団モカイコZさんに来ていただいたのだけど、その時の出演者の一人、有賀慎之助くんには近藤勇役として出演していただきました。
彼が着用した白い羽織。作るときから本番に向け汚れが付着するのではないかと心配されていましたが、案の定、本番2日前の夜に羽織の中に装着している鎧から色移りしてしまうハプニングが発生。
まさか公演直前に!と一部メンバーは深刻な顔を隠せなかったわけですが、みぃは動揺すること無くその日のうちに汚れた羽織を持ち帰り、夜に何度も漂白をしてくれたとのことで事なきを得ました。
 
写真4 ビフォーアフター

本番前とは思えない落ち着いた対応。場数を踏んだ女優の余裕の姿がそこにはありました。あっぱれ!
 
写真5 漂白の様子

ちなみに、汚れた羽織の写真をブログで紹介させてねーと言ったところ、漂白していた様子の写真を送ってくれました。だんだらの黒い部分を間違って漂白しないように細心の注意を払いつつ桶に浸け、お玉を使って汚れと汗染みにだけに漂白剤をかけるといった作業をしたと今になって教えてくれました。あえて口には出さないけれど涙ぐましい努力があってこその結果。やっぱりあっぱれ!
 

そうそう、リアルの追求で言ったら面白い話がひとつ。
私たちが公演1ヶ月前からお借りした稽古場けんじゅう館は、私たち以外にもバレエ教室のレッスン会場としても使われています。
ある日、坂本龍馬に持たせる拳銃に汚しをかけて外で乾かしているのを見たバレエ教室のママさん達がそれを見つけて「こんなに汚い銃を使うなら、うちの子供のもっとキラキラ光る最新型の銃を貸すのに!」と話題になったそうで。
なんと翌日には私のところへ来て「銃貸すよ?」と言ってきてくださいました。
なんということでしょう!そのご好意、ありがたいですね。
そりゃそうだよね、「舞台だもん!かっこいいほうがいいでしょ!」と思っていただいたのでしょう。
ママさん達のご好意はとても有り難いものだったけど、この汚れた拳銃も演出家と小道具班のこだわり。龍馬の手の汗滲んだ拳銃は物語のキーアイテムとなりました。
 
写真6 坂本龍馬
 

サムナツの舞台作りでは、すべての部署で “この作品を魅せる” ことに全力を尽くします。なにをするにも常に観客からどう見えるか、そしてどう見せたいのかを考える。
だからその為に誰かが一生懸命作った物がボツになることもある。その時一生懸命に作ってくれたことに当然感謝をします。しかしながら舞台バランスを観たときに違うと思ったら納得のいくまで追求するのもサムナツスタイルとなっています。
 
写真7 大道具

最初に舞台セットにつけようとした装飾(この写真は作り途中です)。剛也が一人黙々と時間をかけて作ったものだったけど、これも今回のイメージには合わないと自分で結局ボツにしていた。
 

 
今回の舞台創作は台本に書かれている物語をただ立体的にするだけではなく、無限に広がっていく可能性を感じました。
それは、今回殺陣振付に入った中村遼のこだわりである「創造で想像を超えたい」という舞台作りへの信念が強く私の心にも響いたからだと思います。
彼が今まで以上に殺陣で魅せるストーリーにストイックにこだわり、物語に深みをもたしてくれたのは言うまでもありません。
サムナツの舞台で初挑戦となった血糊演出に加え、公演直前には刀が折れて突き刺さったまま死にたいと、遼本人の希望で本番1週間前から刀の小細工を製作する姿に感服しました。いい死に方だった、真玖部。

写真8 突き刺さる剣

写真9 死ぬまくべ
 

演出家共々こだわっていたのは、私たちの舞台空間はリアルであるといこと。
舞台で魅せられるのは人が生きる一瞬の一面的部分でしかないけれど、役者にはその生き様が滲み出るような芝居をしてほしいと常に求めていたし、衣装や小道具にしても、ただ買ってきたそれっぽいものではダメなんだと、毎年の事ながら演出家は衣装も小道具も「汚せ!汚せ!」と言い、そのニュアンスがわかる劇団員達が次々とまるで長い年月そこで使われていたような味わいを感じる汚しをかけていく姿はまさに年月を積み重ねたチームワークの賜物でした。
 
そしてそこに照明、音響、舞台セットが加わり急速に出来上がっていく空間をみて、脚本家であり演出家の剛也がいつも言うこと。
「本番が近づくにつれて俺の仕事は無くなっていく。俺の頭の中にあったストーリーが、最後は俺がいなくても公演されるまでに事が動いていく。俺の手を離れてみんなのひとつの作品が出来上がっていくのは幸せなことだなぁ。」と。
ひとつの公演を終えるたびに創作者としての幸せを噛みしめているようです。
 
舞台写真:ryo_kameda/hiroshi_yoneyama/ai_toeda


【プロフィール】
 松崎ひとみ

IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作
劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan

夏の稽古場

今年は日本中で災害レベルの猛暑日が続きました。
避暑地・信州といえど毎日35℃近くを観測。
熱帯夜が続いたため、稽古場に冷房は必要不可欠になりました。
 

 
写真1 水遊び場

ここは駒ヶ根市文化会館横のすずらん公園内の水遊び場。
老朽化した市民プールの代わりに新設されたそうです。
去年の夏、息子を連れて行った時には大はしゃぎでした。
 

 
いつもこの時期に使わせていただいている冷房付きの稽古場「けんじゅう館」は、7月下旬から8月上旬まで県知事選挙があるとのことで、選挙事務所として引き渡し、私たちは駒ヶ根市内の施設を転々としていました。
 
初めて使わせていただいた駒ヶ根駅前ビル「アルパ」の3階多目的室はとても広くて、1部屋の中で稽古場スペースと作業スペースに分けても窮屈感がなく、とても心地よく使わせていただきました。また、ビルの1階には「マルトシ」さんという食品スーパーが入っているため、夕方のお惣菜コーナーにお買い得シールが貼られる頃には、稽古場で食べる夕食をこぞって買いに行く姿がありました。(我が家も利用させていただいた一人ですが、残り少ないお弁当を譲っていただく場面も。)
 
写真2 アルパ

「アルパ」3階の多目的室はとにかく広かった!
 
写真3 作業風景

作業風景 2日目

メイン稽古の横でDM発送作業を連日黙々としてもらいました。
 
写真4 駒ヶ根市文化会館

別日には、駒ヶ根市文化会館のお部屋もお借りして稽古をしました。
 

 
そんなわけで8月上旬、ようやく待ちに待った稽古場「けんじゅう館」のベタ入り日を迎えました。
 
写真5 小道具作り

写真6 小道具作り2

待ってましたとばかりに、衣装、小道具作りに力がはいります。
 
写真7 衣装作り

今年は新撰組が出てくるので羽織も衣装部さんを中心に自作しています。
 
 
ベタ入りできる稽古場があるというのは贅沢なことで、「けんじゅう館」では荷物を置かせていただくスペースも借りているため心置きなく用具を広げて作業ができます。
文化会館の大ホールステージを想定した広さと、冷房と、施設のご近所様のご理解と、すべての条件があってようやく稽古場として使うことができるので、この場所は大変助かっています。



劇団サムライナッツ夏公演2018
『幕末マクベス』
ボランティアスタッフ募集中!
■公演日 2018年9月15日(土)・16日(日)
■会場 駒ヶ根市文化会館
■稽古期間 6月10日~公演日まで
■応募資格 中学1年生以上。
■その他詳しい情報はこちら↓↓
http://blog.livedoor.jp/samurainatsu/archives/51666881.html
(※劇団公式ブログよりご覧ください)


【プロフィール】
 松崎ひとみ

IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作
劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan
 

「志向」

写真1 みんなの写真

稽古終わり。夕暮れ時に「暑気払い会」開催!
急なお誘いにも関わらず集まってくれた皆さんありがとう~!
 
写真2 料理

写真3 料理

各所から採れたて新鮮野菜をわけていただいたのでBBQと合わせてみんなでいただきました。
ご自宅で畑をされている方が多く、夏野菜高騰が嘆かれる中、気前よくわけていただけて嬉しい限りです。
 

 
今回は7回目の夏公演。リピーター参加者の方にも多く集まっていただいているおかげもあって、スムーズに進行している気がします。
多くのメンバーで稽古進行のスピードや本番までの大まかな流れが“わかっている”という事が大事で。
これ、メンバーの多くが全く“わかっていない”場合、自分たちが今どういう状況に置かれているかの想像もつかない状態なので、それにより無駄な焦りや不安が生まれてしまう原因にもなります。
同じ体感時間を持つこと、同じ感覚(情熱)で芝居創りをしていくこと。
人が多くなればなるほど大変なことだけど、『サムナツで舞台創りがしたい』と集まった同志達の心はひとつ。『舞台の成功』の為、私達は日々稽古を重ねています。
 
またこれは近年感じていることではありますが、劇団員が自ら動く姿勢が確立されつつあり、それは衣裳だったり、小道具だったり、殺陣だったり、舞台を支えるスタッフワークの面でも、稽古場の雰囲気作りだったりも“トップからの指示待ち”というのが無いのが当たり前の状況になっています。
夏公演は大所帯でありますが、皆が高い志向を持ち公演に向けて動いている環境が整ってきたのは、続けていることで生み出している結果であり、制作として自分が至らない部分すらもみんなが埋めてくれているありがたみをひしひしと感じています。
 

 
写真4 メイクワークショップ

夜稽古の時間(約2時間)を使い、舞台メイクワークショップを行いました。
経験者が初心者にアドバイスをしながら自分の配役にあわせて、自分でメイクが出来るように練習をします。
配役同士でテイストを合わせたり、手順を改めて確認したり楽しい時間。
合言葉は「手が慣れることが大事!」
ここから先は各自の練習あるのみ!
ご来場頂くお客様にはぜひ本番メイクまで楽しみにしていただければ幸いです。
 

 
今年の春の小劇場「顔合わせ会」で伺った駒ヶ根広小路商店街のスペイン料理のお店エル・オサムーチョさん。
なんと駒ヶ根市内で出前を始めたとの情報を得て、早速ママ友でもあるサムナツダンス振付師の藍を呼んでランチ会を開催しました。
“おかもち”で運ばれてきたランチプレートには、パエリアを中心にギュウギュウに美味しそうなおかずが盛られていてテンション上がりました。
 
写真5 おかもち

たまたまその場に出くわしたりょうに“おかもち”を持ってもらった。
ランチプレートを食べられるわけでもないのにごめん、りょう。
 
 
そして、駒ヶ根広小路商店街に新たな店がまた1店オープンしました!
長く街の電気屋さんとして営業されていたサツキ電機さんが、手打ち蕎麦屋&ビールカフェ(ランチ~夜営業!)としてオープン!ご自身で手掛けたという内装は超オシャレ!
以前から美味しいお蕎麦を打つで有名なご店主でしたが、いよいよお蕎麦屋を始めたということで大繁盛の様子で、地元の食材も多く使っているメニューは(地ビールも飲める!)観光の方をはじめ、地元の方にも愛される店になっていました。

ちなみに余談ですが、劇団主宰の“剛也”の名前は、サツキ電機さんのおじいさまが付けてくださったお名前候補の中の一つだったようです。(数ある名前候補の中から最終的に選んだのは剛也のご両親。)
生まれた子が幸せになれるようにと商店街の人が名前を考えてくれるなんて、まるで家族のような人の繫がりや温かみを感じるエピソードで私は大好きです。

写真6 店外観

美味しいお蕎麦。すぐに食らいついてしまい写真を撮り損ねました。あーあ。
そんなわけで気になる方はぜひご自身の目でツヤツヤお蕎麦をお確かめください。
 
◎クラフトビールカフェ bien bien(ビエンビエン)
 http://beercafe-bienbien.jp/
 

 
今年の夏は日本各地で災害レベルの猛暑日が続いています。
我が家は水田の中に家があるのですが、猛暑日が続く深夜、突然の停電に見舞われました。
ブレーカーをいくら操作しても復旧はせず、遂には深夜に電力会社のスタッフの方に来て頂く事態に。
原因を探っていただくと、なんとエアコンの漏電でした。
後日エアコン会社のスタッフさんに調べていただいたところ、漏電したエアコンの原因が、室外機にカエルが侵入してショートしたことだというのでビックリ!
驚く私に対してエアコン会社のスタッフさんは、「水田近くのお家ではよくあることなんですよ~。」とサラッと修理してくれました。



劇団サムライナッツ夏公演2018
『幕末マクベス』
ボランティアスタッフ募集中!
■公演日 2018年9月15日(土)・16日(日)
■会場 駒ヶ根市文化会館
■稽古期間 6月10日~公演日まで
■応募資格 中学1年生以上。
■その他詳しい情報はこちら↓↓
http://blog.livedoor.jp/samurainatsu/archives/51666881.html
(※劇団公式ブログよりご覧ください)


【プロフィール】
 松崎ひとみ

IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作
劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan
 
日刊☆えんぶ
ラインナップ

池谷のぶえの人生相談の館

松崎ひとみサムナツ活動日記

一十口裏の妄想危機一髪

粟根まことのエッセイ「未確認ヒコー舞台:UFB」

松永玲子のエッセイ「今夜もネットショッピング」

ノゾエ征爾のフォトエッセー「桜の島の野添酒店」

植本潤(花組芝居)vs坂口真人(演劇ぶっく編集長)対談「『過剰な人々』を巡る♂いささかな☀冒険」

ふれあい動物電気

kugiri

小野寺ずるのお散歩エロジェニック

池谷のぶえの国語算数理科社会。

南信州・駒ヶ根だよりby劇団サムライナッツ

演劇キック
ラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

演劇キックツイッター