松崎ひとみサムナツ活動日記~同じ釜の飯を食う~

南&中央アルプスに囲まれた南信州駒ヶ根市を拠点に活動している劇団サムライナッツの牽引役松崎ひとみ。
劇団制作担当として仲間の信頼も厚く、家庭では2児のたのもしい母でもある。
そんな彼女の劇団の活動を中心にしつつも、家庭での出来事や、素敵な街の人たちとの交流など、
こころ温まる諸事万端♡ドキドキ。日々の出来事を日記で綴ります。

夏の稽古場

今年は日本中で災害レベルの猛暑日が続きました。
避暑地・信州といえど毎日35℃近くを観測。
熱帯夜が続いたため、稽古場に冷房は必要不可欠になりました。
 

 
写真1 水遊び場

ここは駒ヶ根市文化会館横のすずらん公園内の水遊び場。
老朽化した市民プールの代わりに新設されたそうです。
去年の夏、息子を連れて行った時には大はしゃぎでした。
 

 
いつもこの時期に使わせていただいている冷房付きの稽古場「けんじゅう館」は、7月下旬から8月上旬まで県知事選挙があるとのことで、選挙事務所として引き渡し、私たちは駒ヶ根市内の施設を転々としていました。
 
初めて使わせていただいた駒ヶ根駅前ビル「アルパ」の3階多目的室はとても広くて、1部屋の中で稽古場スペースと作業スペースに分けても窮屈感がなく、とても心地よく使わせていただきました。また、ビルの1階には「マルトシ」さんという食品スーパーが入っているため、夕方のお惣菜コーナーにお買い得シールが貼られる頃には、稽古場で食べる夕食をこぞって買いに行く姿がありました。(我が家も利用させていただいた一人ですが、残り少ないお弁当を譲っていただく場面も。)
 
写真2 アルパ

「アルパ」3階の多目的室はとにかく広かった!
 
写真3 作業風景

作業風景 2日目

メイン稽古の横でDM発送作業を連日黙々としてもらいました。
 
写真4 駒ヶ根市文化会館

別日には、駒ヶ根市文化会館のお部屋もお借りして稽古をしました。
 

 
そんなわけで8月上旬、ようやく待ちに待った稽古場「けんじゅう館」のベタ入り日を迎えました。
 
写真5 小道具作り

写真6 小道具作り2

待ってましたとばかりに、衣装、小道具作りに力がはいります。
 
写真7 衣装作り

今年は新撰組が出てくるので羽織も衣装部さんを中心に自作しています。
 
 
ベタ入りできる稽古場があるというのは贅沢なことで、「けんじゅう館」では荷物を置かせていただくスペースも借りているため心置きなく用具を広げて作業ができます。
文化会館の大ホールステージを想定した広さと、冷房と、施設のご近所様のご理解と、すべての条件があってようやく稽古場として使うことができるので、この場所は大変助かっています。



劇団サムライナッツ夏公演2018
『幕末マクベス』
ボランティアスタッフ募集中!
■公演日 2018年9月15日(土)・16日(日)
■会場 駒ヶ根市文化会館
■稽古期間 6月10日~公演日まで
■応募資格 中学1年生以上。
■その他詳しい情報はこちら↓↓
http://blog.livedoor.jp/samurainatsu/archives/51666881.html
(※劇団公式ブログよりご覧ください)


【プロフィール】
 松崎ひとみ

IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作
劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan
 

「志向」

写真1 みんなの写真

稽古終わり。夕暮れ時に「暑気払い会」開催!
急なお誘いにも関わらず集まってくれた皆さんありがとう~!
 
写真2 料理

写真3 料理

各所から採れたて新鮮野菜をわけていただいたのでBBQと合わせてみんなでいただきました。
ご自宅で畑をされている方が多く、夏野菜高騰が嘆かれる中、気前よくわけていただけて嬉しい限りです。
 

 
今回は7回目の夏公演。リピーター参加者の方にも多く集まっていただいているおかげもあって、スムーズに進行している気がします。
多くのメンバーで稽古進行のスピードや本番までの大まかな流れが“わかっている”という事が大事で。
これ、メンバーの多くが全く“わかっていない”場合、自分たちが今どういう状況に置かれているかの想像もつかない状態なので、それにより無駄な焦りや不安が生まれてしまう原因にもなります。
同じ体感時間を持つこと、同じ感覚(情熱)で芝居創りをしていくこと。
人が多くなればなるほど大変なことだけど、『サムナツで舞台創りがしたい』と集まった同志達の心はひとつ。『舞台の成功』の為、私達は日々稽古を重ねています。
 
またこれは近年感じていることではありますが、劇団員が自ら動く姿勢が確立されつつあり、それは衣裳だったり、小道具だったり、殺陣だったり、舞台を支えるスタッフワークの面でも、稽古場の雰囲気作りだったりも“トップからの指示待ち”というのが無いのが当たり前の状況になっています。
夏公演は大所帯でありますが、皆が高い志向を持ち公演に向けて動いている環境が整ってきたのは、続けていることで生み出している結果であり、制作として自分が至らない部分すらもみんなが埋めてくれているありがたみをひしひしと感じています。
 

 
写真4 メイクワークショップ

夜稽古の時間(約2時間)を使い、舞台メイクワークショップを行いました。
経験者が初心者にアドバイスをしながら自分の配役にあわせて、自分でメイクが出来るように練習をします。
配役同士でテイストを合わせたり、手順を改めて確認したり楽しい時間。
合言葉は「手が慣れることが大事!」
ここから先は各自の練習あるのみ!
ご来場頂くお客様にはぜひ本番メイクまで楽しみにしていただければ幸いです。
 

 
今年の春の小劇場「顔合わせ会」で伺った駒ヶ根広小路商店街のスペイン料理のお店エル・オサムーチョさん。
なんと駒ヶ根市内で出前を始めたとの情報を得て、早速ママ友でもあるサムナツダンス振付師の藍を呼んでランチ会を開催しました。
“おかもち”で運ばれてきたランチプレートには、パエリアを中心にギュウギュウに美味しそうなおかずが盛られていてテンション上がりました。
 
写真5 おかもち

たまたまその場に出くわしたりょうに“おかもち”を持ってもらった。
ランチプレートを食べられるわけでもないのにごめん、りょう。
 
 
そして、駒ヶ根広小路商店街に新たな店がまた1店オープンしました!
長く街の電気屋さんとして営業されていたサツキ電機さんが、手打ち蕎麦屋&ビールカフェ(ランチ~夜営業!)としてオープン!ご自身で手掛けたという内装は超オシャレ!
以前から美味しいお蕎麦を打つで有名なご店主でしたが、いよいよお蕎麦屋を始めたということで大繁盛の様子で、地元の食材も多く使っているメニューは(地ビールも飲める!)観光の方をはじめ、地元の方にも愛される店になっていました。

ちなみに余談ですが、劇団主宰の“剛也”の名前は、サツキ電機さんのおじいさまが付けてくださったお名前候補の中の一つだったようです。(数ある名前候補の中から最終的に選んだのは剛也のご両親。)
生まれた子が幸せになれるようにと商店街の人が名前を考えてくれるなんて、まるで家族のような人の繫がりや温かみを感じるエピソードで私は大好きです。

写真6 店外観

美味しいお蕎麦。すぐに食らいついてしまい写真を撮り損ねました。あーあ。
そんなわけで気になる方はぜひご自身の目でツヤツヤお蕎麦をお確かめください。
 
◎クラフトビールカフェ bien bien(ビエンビエン)
 http://beercafe-bienbien.jp/
 

 
今年の夏は日本各地で災害レベルの猛暑日が続いています。
我が家は水田の中に家があるのですが、猛暑日が続く深夜、突然の停電に見舞われました。
ブレーカーをいくら操作しても復旧はせず、遂には深夜に電力会社のスタッフの方に来て頂く事態に。
原因を探っていただくと、なんとエアコンの漏電でした。
後日エアコン会社のスタッフさんに調べていただいたところ、漏電したエアコンの原因が、室外機にカエルが侵入してショートしたことだというのでビックリ!
驚く私に対してエアコン会社のスタッフさんは、「水田近くのお家ではよくあることなんですよ~。」とサラッと修理してくれました。



劇団サムライナッツ夏公演2018
『幕末マクベス』
ボランティアスタッフ募集中!
■公演日 2018年9月15日(土)・16日(日)
■会場 駒ヶ根市文化会館
■稽古期間 6月10日~公演日まで
■応募資格 中学1年生以上。
■その他詳しい情報はこちら↓↓
http://blog.livedoor.jp/samurainatsu/archives/51666881.html
(※劇団公式ブログよりご覧ください)


【プロフィール】
 松崎ひとみ

IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作
劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan
 

「6月まとめ」

写真1 りょう

りょうが帰ってきました。
 

高校卒業と同時に劇団も卒業し、東京に拠点を移して俳優・殺陣師として活動しているりょうが帰ってきました。
 
りょうと言えば、劇団で初舞台となった春の小劇場公演2013『勝負天獄』で役者としての魅力を大爆発させ、その後夏公演「五右衛門ロック」をはじめ、高校を卒業するまでの劇団全作品において欠かすことの出来ない役者の一人として活躍してくれました。
 
東京に拠点を移してからも、サムナツで役者として、時に作家として活動を続けてくれ、更には殺陣の技術に磨きをかけ近年は殺陣振付師として、欠かせない存在になっています。

写真2 殺陣稽古

りょうを筆頭に6月上旬から始まった殺陣の自主稽古。
選抜メンバーが着実に力をつけています。
 

夏公演に向けた稽古場。6月はコミュニケーションワークショップを中心に進んでいきました。

写真3 信頼ゲーム

その名も“信頼ゲーム。”一人は目を瞑り、もう一人の誘導の元スタスタと歩きまわる。
目を瞑る人は信頼して身を預けないと前には進めない。(笑)
 
写真4 子ども達

「さぁいろんなものを触らしてあげましょう!」
目を瞑ったまま触るって怖いですよね。(笑)
子ども達も仲間に入れてくれてありがとう!
 
また、配役も発表され、各景のブロッキングが行われています。
稽古には毎回欠席者がいるため、ブロッキングの様子は動画で保存し、LINEアプリで共有しています。
このLINEアプリ。うちの劇団では欠かせないツールのひとつとして大活躍しています。
劇団員メンバーのみが参加しているグループLINEをはじめ、公演毎にその関係者に参加していただくグループLINEが作られ、連絡網的な役割はもちろんのこと、個人の緊急を要する遅刻連絡などにも使われ、“全員で情報を共有するメリット”の部分が存分に活かされていると感じています。
これが無かった頃には一斉メールが主流でした。メールは文章と少量の画像添付が精一杯。中には迷惑メール設定の加減で、一斉メールだと届かない方もいたりして、大事な連絡が届いていなかった!と混乱することも多かったのですが、LINEアプリは登録者に確実に届くことからそんな悩みが一気に無くなりました!
文明の進化はストレスも軽減させてくれます。ありがたいです。
 

ここ近年、駒ヶ根市内のとある地区で行う創作劇の指導に剛也が伺わせていただくのが恒例となっています。
約1ヶ月間、仕事終わりになによりも優先して稽古を行い、その地区の敬老会で発表するというもの。
今年は“水戸黄門”を題材とし、駒ヶ根の話題も取り込んだオリジナル創作劇でした。

私は当日の着付け補助スタッフとして参加させてもらいましたが、この地区の方々は、2年周期でメンバーが入れ替わりながらも一生懸命取り組まれていて、若い世代を中心にその和気あいあいとした雰囲気は羨ましくもあり、この地区の魅力のひとつだなぁと感じています。

写真5 敬老会

6月24日敬老会。
舞台上には沢山のおひねりが投げ込まれ大盛況で幕を閉じました。
お疲れ様でした。


追記

写真6お茶

「ねぇねぇ、山二園さん(広小路商店街のお茶屋さん)で売ってるアレ知ってる?夏にすっごいオススメなんだよ!」
と商店街のご近所さん達に教えてもらった名品を私もGETしてきました。

写真にありますのがそのアレです。
 
緑茶の葉を水出しで美味しく飲める優れもの。
冷蔵庫で横にしても漏れないしお手入れも簡単!
これは買ってよかった!
おかげで毎日水出し緑茶を楽しんでいます。
(水出しだとカフェインの量も少ないんだとか。たしかに!お茶の甘みを感じて美味しく飲めます。)


写真7 山二園

山二園さん、美味しいお茶が淹れられるようにと丁寧に商品の説明をしてくれました。
商店街のお買い物は人のあたたかさにも触れることができます♪



劇団サムライナッツ夏公演2018
「幕末マクベス」
エキストラ出演者&ボランティアスタッフ募集中!
■公演日 2018年9月15日(土)・16日(日)
■会場 駒ヶ根市文化会館
■稽古期間 6月10日~公演日まで
■応募資格 中学1年生以上。
■その他詳しい情報はこちら↓↓
http://blog.livedoor.jp/samurainatsu/archives/51666881.html
(※劇団公式ブログよりご覧ください)


【プロフィール】
 松崎ひとみ

IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作
劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan
日刊☆えんぶ
ラインナップ

池谷のぶえの人生相談の館

松崎ひとみサムナツ活動日記

一十口裏の妄想危機一髪

粟根まことのエッセイ「未確認ヒコー舞台:UFB」

松永玲子のエッセイ「今夜もネットショッピング」

ノゾエ征爾のフォトエッセー「桜の島の野添酒店」

植本潤(花組芝居)vs坂口真人(演劇ぶっく編集長)対談「『過剰な人々』を巡る♂いささかな☀冒険」

ふれあい動物電気

kugiri

小野寺ずるのお散歩エロジェニック

池谷のぶえの国語算数理科社会。

南信州・駒ヶ根だよりby劇団サムライナッツ

演劇キック
ラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

演劇キックツイッター