松崎ひとみサムナツ活動日記~同じ釜の飯を食う~

南&中央アルプスに囲まれた南信州駒ヶ根市を拠点に活動している劇団サムライナッツの牽引役松崎ひとみ。
劇団制作担当として仲間の信頼も厚く、家庭では2児のたのもしい母でもある。
そんな彼女の劇団の活動を中心にしつつも、家庭での出来事や、素敵な街の人たちとの交流など、
こころ温まる諸事万端♡ドキドキ。日々の出来事を日記で綴ります。

人気役者の証

さて、12月です。「寒いですね~」と、挨拶代わりに誰にでも言ってしまう日々です。
寒い地域あるあるですか?
 
私が住む長野県の南信地域は標高が高いので夜空がとてもきれいに見えます。
夏なんかも、稽古終わりの23時頃自宅に着くと、満天の星空に目を奪われることがあるのですが、冬の夜空もまたダイナミックに星を感じることが出来てとてもきれいです。
せっかくの田舎暮らしだもの、自宅のウッドデッキに椅子を出して、あたたかいコーヒーなんか淹れちゃって、流れ星をゆっくり眺めたら最高だな~なんて想像するのですが、現実は気温氷点下&強風で、外に出た瞬間そんな気はすぐに失せてしまいます。
 
 
最近、友達のお友達がお隣の伊那市で『お茶処 いちえ』さんというお茶屋さんを始めました。その店舗ではこだわり抜いた茶葉で淹れてくれる様々なドリンクメニューがある他、自宅用の茶葉の販売もしています。
 
写真1 いちえ
 
そこでオススメしてもらったチャイティーのティーバッグがとっても美味しくて、“自宅でカフェ気分”が味わえる優れもの!スパイシーで本格的なお味なんですよ!
いつもは自宅でいそいそ飲んでいるのですが、今日は珍しく水筒に淹れて出勤しました。
これを飲んでテンション上がって仕事をするぞ~!と蓋を開け一口ゴクン。
「あづいっ!」
一人、舌を火傷し撃沈しました。
最近の保温性能の高さには驚かされるばかりです。
先日も、お弁当のお供にと自宅でお味噌汁を作り、スープジャーに淹れて蓋を閉めようとしたところ大爆発!パッキンとの相性なんでしょうけど、煮えたぎっていた熱々の味噌汁が手に降りかかり火傷する始末。
お昼に熱々が飲みたい、時間が経てばいくら保温だからって冷めてしまうでしょ?お昼にちょうどいい温度で飲みたいもの!って、ぐらぐらと煮えたぎった味噌汁を入れて持って行こうなんて昭和の考え方なんですかね。
飲み心地のいい温度を入れて、そのままキープ!それが平成の技術!
平成が終わろうとしている今頃、平成の技術革命を信じようと反省した次第です。
 
 
さてさて、私の近況はこれくらいにして、サムナツの近況です。
只今来春の小劇場公演に向け水面下で準備を始めています。
来週にはバーン!と情報解禁をしようと考えていますのでどうぞお楽しみに。
 

そんなわけで今回は、サムナツの『人気役者』と呼ばれる人達のお話を。
 
サムナツには『人気役者』と呼ばれる人達がいます。
サムナツで言う『人気役者』はとてもわかりやすいです。
芝居が上手いだけの人じゃありません。
お友達がいっぱいいる面白い人でもありません。
“チケットを30枚以上販売した人”、それが『人気役者』です。
役者にとって、自分の出演を楽しみに待ってくれるお客様(ファン)が居る中で舞台に立てるのは幸せなことですよね。
 
ちなみに、この“チケット30枚”という数字を少ないととるか、多いととるかは人それぞれですが、この数字は過去の経験から、初めてチケットを販売する方でも、宣伝して宣伝して宣伝して、「ぜひ観に来てください!」と情熱を持ってお誘いすれば30人くらいの人が最低でも観に来てくれる数字だということが判明した結果、頑張れば達成できる数字としてチケット販売のひとつの目安数字として設定しています。
そして、その目安数字をただ達成し、『人気役者』の称号だけもらっても面白くないので、『人気役者の証』を贈呈するのもサムナツでは恒例となっています。
ちなみに、『人気役者』の商品、デザインについては、毎年私のほぼ独断で製作を続けています。
 
初代・阿修羅城の瞳の時の人気役者の証は手作りステッカーでした。
「劇団のステッカー欲しいよね!」ってノリで、照明の中村くんとデザインしたのを思い出します。
このステッカー、当時「人気役者になった人は、車にぜひ貼ってくださいね~」と渡したそうですが(自分で言ったのに今の今まで忘れていました。)、私も含め誰一人車に貼っていません。(笑)
 
写真2 ステッカー

ちなみに、完成したのが嬉しくて、事務所の扉に貼ったものが今やこんな状態に。
ひび割れた姿に劇団の歴史を感じますね。
 
 
翌年、夏公演2013五右衛門ロックでは、オリジナル木札ストラップ。これは当時ガラケーとスマホが世の中に半々くらいで混在していたので、携帯に付ける人や木刀ケースに付ける人など身近に身につけてくれたイメージ。好評だったのかなぁ?
 
夏公演2014戦国西遊記では、オリジナルデザインタオル。夏公演2015 SAIZO外伝ではオリジナル家紋うちわ。夏公演2016 八犬伝では、デザインを劇団員の奈穂にお願いし、マフラータオル。夏公演2017 早太郎では、こちらもデザインを奈穂にお願いし、カフェタンブラーを製作しました。

ちなみに、『人気役者の証』は販売しない!というのが、当初自分で決めた掟だったのですが、今は劇場の物販コーナーとWEB通販(サムナツウハン)で販売しています。2017年のタンブラーは人気商品で、劇場で売り切れた後も、欲しい人が続出。作って良かった~と心底思った一品です。(笑)

写真3 タンブラー

2017年、タンブラーをもらった最初にもらった人気役者達。


そして、今年の夏公演2018 幕末マクベスでは、オリジナルデザインマルシェバッグとオリジナルデザインクッキーを製作。バッグのデザインは久しぶりに私自身で担当しましたが、いくつかデザインした中で選びきれず、事務所に居た中村遼(幕末マクベス・マクベ役)にもこっそり相談し絞り込みました。
デザインクッキーについては、若手劇団員の絵利奈がデザインしたものを採用。可愛い仕上がりで人気役者達からは「もったいなくて食べられない!」と好評でした。

写真4 マルシェバッグ

2018年、最初に『人気役者』になった2人。ナイス笑顔!

さて、来年はなにを作ろうかな。

●劇団サムライナッツのグッズがいつでも買える《サムナツウハン》はこちら!
https://samurainuts.thebase.in/
 

【プロフィール】
 松崎ひとみ
IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作
劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan

今年の秋は

今年の秋は、劇団として地元・駒ヶ根市を中心とした地域の様々な場所へ呼んでいただきました。

その一つに前回のブログで紹介した幼稚園訪問がありましたが、その他にも駒ヶ根市が運営する結婚相談所で行うコミュニケーションワークショップの講師として招かれたり、小学校の「総合展」の講演講師として呼んでいただいたり、地元・駒ヶ根市立赤穂中学校の「キャリアフェスin赤穂中」イベントにブース出店させていただいたりと、『演劇』を通じて新たに沢山の出会いがあったことを大変嬉しく思っています。
 
そんなわけで、今回はそんな活動の一部のご報告。
 
小学校の「総合展」講演講師として呼んで頂いたのは伊那市立伊那西小学校です。
ここは全校生徒60名弱が通う森林に囲まれた学校で、「小規模特認校」として、今年度から学区外からの通学が認められているそうです。
学校の特色も自然や地域に触れる授業スタイルで、児童達がのびのび生活している様子が私たちにもビンビン伝わってきました。
というのも、私たちが伺った「総合展」は、学校内で児童達と地域の皆さんが一緒になって文化祭のように展示や販売を行っている日で、今回の講演も学校の枠を超え地域の方々も参加できるものでした。
 
写真1 集合写真

校長先生、実行委員の皆様と。
あたたかいおもてなし、ありがとうございました。
 
写真2 練習

この写真は、小学校に向かう前の最終打ち合わせの様子。
事務所前の駐車スペースで諸々確認中。
 
写真3 ステージ

そして本番。サムナツくんも大人気でした!
 


また別日に参加させていただいた地元・赤穂中学校で行われた「キャリアフェスin赤穂中」イベント。

これは地元の企業や団体等約60ブースが立ち並ぶ中、生徒約760名が好きなブースで話を聞いたり体験出来るという企画で、サムナツもブースを出させて頂きました。
私たちのブースでは、“舞台衣装を着用し刀や槍を持って写真を撮ろう“という企画だったのですが、実際の舞台で使う刀や槍の軽さに驚いたり、手作りの衣装を間近に見て、とても興味深そうにしていたのが印象的でした。
キャリアフェスが行われた3時間、ほぼ絶え間なく生徒の皆さんに来てもらうことができました。
結果、100名の生徒にブース体験をしてもらえましたが、その中には過去にサムナツに関わってくれた事のある生徒もいて、そんな知った顔が一目散にブースに来てくれたのがまた嬉しかったです。
 
写真4 中学校

「演劇には夢がある!」を合い言葉に地元企業に混じって劇団のPRをしました。
将来を思い描く若い子達の未来への知識として少しでも役立ったらと思います。



この秋呼んでいただいたどの企画も「演劇」を通じて、いろんな方の笑顔に出会うことができ、劇団の舞台創作活動の枠を超えて、「演劇」の持つ力、“人と人を繋ぐ力“を再認識すると同時に、劇団としてこうした活動の場がもっと広がることを願いたくなりました。
そんなわけで、お声かけ頂けるよう頑張るぞ。
 


写真5 サムラジ

『サムラジ♯10』配信中!
劇団員・清歌(さやか)初登場で夏公演2018「幕末マクベス」の稽古場エピソードを公開しています♪お聞き逃しなく!
 
YouTube→ https://www.youtube.com/watch?v=sxZ-6WtaR90&t=8s
 

【プロフィール】
 松崎ひとみ
IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作
劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan

カーボウイに会いに。

写真1 集合写真

駒ヶ根に新名所登場!?
 

 
かつて一緒にふざけていた仲間の一人がお店のマスターになりました。
“一緒にふざけていた”なんて軽々しく紹介しましたが、夫の先輩で私と一回りほど年の離れている彼。とてもフランクな人で誰とでもすぐに仲良くなれる素敵な人なので、私もついつい甘えてフランクに仲良くさせていただいて早10年以上。
一緒に舞台創作をしたのはもちろんのこと、映像制作をしたり、泥まみれになるバレーボール大会に出場したり、遊びに出かけたり、食べたり飲んだりと、私が20代の頃に沢山遊んでいただきました。
彼はその昔、『スーパースターSINOBU』と名乗り地元ケーブルテレビで冠番組を持っていたことのもあり、地元ではちょっとした有名人!今はダンサー兼ミュージシャンとして活動もしているのでみんなから『スター』の愛称で親しまれています。
 
スターには劇団サムライナッツの舞台にも何度も出演をしていただいています。
 
写真2 スター舞台写真
(夏公演2014「戦国西遊記」より。)

一度会ったら忘れられないそのビジュアルで人々を虜にしてしまいます。
 
そんな彼が駒ヶ根高原にある「カーボウイグリル」というステーキ屋さんのマスターになったというのだから、スターを知る仲間達は大興奮です!
 

10月中旬、地元駒ヶ根市内の保育園にオファーをいただき、サムナツくん率いるサムナツメンバーでお誕生日会に参加してきました。
 
写真3 紙芝居写真

紙芝居を読んだり、踊ったりしてお誕生日をお祝いさせていただきました。
 
 
その日、打ち上げと称して劇団員・優佑の発案でスターが待つ「カーボウイグリル」へ!
優佑も学生時代からお世話になっているスターに会える!とのことでテンション上がっていました。

写真4  スペアリブ

じゃーん!大迫力のスペアリブ!
 
そんなわけで、駒ヶ根に新たな名所が誕生しました!
スーパースターSINOBUに会いたいあなたはぜひ「カーボウイグリル」へ!
強面な外見とは反対に、とても優しい笑顔でお出迎えしてくれますよ!
 
〔カーボウイグリル〕
長野県駒ヶ根市赤穂497-444
 

 
さて、このブログの最初の記事でもお話しましたが、私はフォトショップやイラストレーターを全く使うことができず、いつも苦肉の策でWordのテキストボックスを貼り付けまくってチラシなどを製作しています。いや!そうしていたんですよ!
ですが!劇団員のなほにイラストレーターの初歩的な使い方を伝授してもらい、イラストレーターでデザイン、そして印刷会社に入稿するといった一連の流れをようやく体験することができました。
 
写真5 ハガキ

初作品はこちら!
え?これくらいならWordで作れそうだよね?
って言われてしまいそうなデザイン!(笑)
優秀なソフトがあればカッコイイものが出来るなんて甘っちょろい世界じゃないと痛感!
これからにご期待ください!(泣)
 
ハガキの内容を見ていただいてわかるように、劇団サムライナッツの公式LINEが発動しています。劇団最新情報をGETしていだけるフォロワー様を一人でも多く増やすべく、公式LINEをフォローしてくれた方に次回小劇場公演の割引クーポンを発行することにしました!
これは絶対お得ですよ!だって、登録してくれた方にしか割引できませんから!
フォロー数が増えれば増えるほど次回公演の収入は少なくなるわけですが、これは日頃ご愛顧頂いている皆様へサムナツからのプレゼントだと思って、遠慮なくフォローいただきクーポンをご利用ください♪
ここで情報を知った方もぜひ劇団サムライナッツの公式LINEを検索してフォローお願いします♪
 
ついでに、次回小劇場公演の出演者を募るオーディション情報もこのハガキからご覧いただけるかと思います。(ハガキの画像、目をこらしてご覧ください。(笑))

今までは、小劇場公演に出演出来るのは“劇団員の特権!”として公演を行ってきましたので、劇団からオファーが無い限り、劇団員以外が出演することは不可能でした。
今回のようにオーディションを行って小劇場公演の参加者を大々的に募るのは初の試みです。この機会にぜひサムナツのもう一つの顔(サムナツといえば大劇場のチャンバラ公演と思われがちですが)役者の息づかいまで感じることの出来る小劇場空間でのお芝居を、役者として体感していただけたら嬉しいです♪
ご連絡お待ちしています。
 
小劇場公演 画像

小劇場2019
 
【公演日】
2019年
2月23日(土)/24日(日)

【稽古期間】
2018年12月下旬~公演日まで。

【出演者オーディション締切】
2018年11月9日(金)

【その他詳しい情報はこちら】
劇団サムライナッツブログ
http://blog.livedoor.jp/samurainatsu/archives/52571365.html



【プロフィール】
 松崎ひとみ
IMG_1873
劇団サムライナッツ・制作
劇団サムライナッツ/http://samurainuts.wixsite.com/samurainuts



kick 

shop 

nikkan
日刊☆えんぶ
ラインナップ

池谷のぶえの人生相談の館

松崎ひとみサムナツ活動日記

一十口裏の妄想危機一髪

粟根まことのエッセイ「未確認ヒコー舞台:UFB」

松永玲子のエッセイ「今夜もネットショッピング」

ノゾエ征爾のフォトエッセー「桜の島の野添酒店」

植本潤(花組芝居)vs坂口真人(演劇ぶっく編集長)対談「『過剰な人々』を巡る♂いささかな☀冒険」

ふれあい動物電気

kugiri

小野寺ずるのお散歩エロジェニック

池谷のぶえの国語算数理科社会。

南信州・駒ヶ根だよりby劇団サムライナッツ

演劇キック
ラインナップ

演劇キック

観劇予報

宝塚ジャーナル

演劇人の活力源

えんぶ情報館

えんぶショップ

えんぶミロクル

えんぶfacebook

演劇キックツイッター